コラム

失敗からしか学べない私は、強い。

失敗からしか学べない。

私はなんだかんだ、
失敗が多かったように思う。
フリーランスから独立、
代理店業、自営業、法人設立と
亀の歩みで進んできた9年ですが、
振り返ると、
やはり、失敗が多い。

最大の失敗とつらかったのが、創業2年目に肝炎を患ったことだ。
週に一度、インターフェロンを両肩に打ち、
微熱と頭痛を引きずりながら、フラフラになるまで戦った。
私の代わりは、私しかいない。
結局、会社の創業時に、
私の代わりなんて誰もできるはずがない。
期待した私が、ポンコツであった。
社長が会社でありつづけなければならない時期に、それができなかった。
ドクターによく、強靭ですねと言われた。
肉体的にも精神的にも、最悪な2年間であった。
任したい仕事がたくさんあり、
逃げられない現実があった。
だから、採用の失敗が多かった。
地雷はたくさん踏んだし、
何回も穴ぼこに、落っこちた。
順調に行けば、足を引っ張られる。
その度に、致命傷を負わなかったのは、
運が残ってたからかも知れないし、
女神たちが、救いの手を差し延べてくれたからかも知れない。
でもやはり、自身で思うのは、
私が、身の丈以上のリスクを取らないからだ。

シゴトが、すべて順調に行くなんてことはない。
1勝3敗ペースならば、ヨシとしないと、
私の歩むキラー・ビジネスの軌跡なんて描けない。
その都度、足踏みし、
後ろを振り返り振り返り、
落とし物や忘れ物を確認しながら進むのだ。
それでも、
たくさんの荷物を置いていかないと、前へ進めない。

大事なことは、
同じミスを繰り返さないことで、
その失敗から、
きちんと学ばなければならないということだ。
失敗はしたくない。
それは、みんな同じ。

昨日、ウイルスの検査結果が出た。
0でした。
約1年ゼロ、肝臓の数値も良い。
これを待っていた。
ガンガン、仕事がデキルぜー
ガンガン、ビールが飲めるぜー
お蔭様で、肝炎に勝った。
もう、
常に微熱を抱えたボクではない。
インターフェロンの治療中、この検査期間は、
どこか、引きずられる迷いがあった。
もちろん、癌などになりたくもない。
本来の、底抜けに明るい私ではなかった。

やっと、
本当に強い、
保が完全復活します。

ABOUT ME
保 喜博( 株式会社テンプラス代表取締役社長)
保 喜博( 株式会社テンプラス代表取締役社長)
はじめまして、テンプラスの保喜博(たもつ よしひろ)です。 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡、沖縄の「フレンドリンク交流会」でお会いした方もたくさんおられると思います。 お蔭様でフレンドリンクで交流会を主催し始めて18年目、株式会社テンプラスも21期目に突入しました。(2020年現在) いつもありがとうございます。皆様には感謝しております。 そこで、交流会17年!会社経営20年!のキャリア?を活かして、起業と会社経営について、思うところをビシバシ書いていこう思います。 私は、大阪港区で100年つづく米穀商の3代目です。大学を卒業し、大手の総合小売業に就職しました。 愛社精神の塊で、24時間365日走り続けた10年でした。仕事が楽しくて楽しくて、明るく元気な最高のサラリーマン時代を全国で過ごしました。 しかしながら、その会社の経営難もあり、退社をして大阪に帰りました。久しぶりに大阪の街を歩いてみると、商店街の2代目3代目の商店主は疲れきっているし、お店のシャッターがどんどん閉まっていくのを目の当たりにし、「この状況を何とかできないかな」と感じ、テンプラスを21年前に創業しました。 経営理念であります、ジモト還元!チイキ貢献!ビジネスをモットーに単純に儲けることだけを考えるのではなく、地域社会にどのような貢献ができるかという視点で、サービスをつくっています。 創業21年に向け、やはりテンプラスは、果敢に新しいビジネスにチャレンジしていきます。 コラムでも、よろしくお願い致します。 またコラムの一部は、過去にアップしたものから加筆訂正しております。